女性の髪の抜け方と男性の髪の抜け方が異なる点について

Posted by kami - 9月 29th, 2015

女性の間でも、薄毛問題が大きく取り上げられています。
女性用の育毛剤も様々あって、女性は使ってはいけないと
これまで言われてきたミノキシジル入りの女性用育毛剤まで
販売されているほどです。

だけど、どうしてここまで女性の薄毛が広まったんでしょうかね。
男性の場合の薄毛と同じなのか、違うのか。

女性の髪の抜け方と男性の髪の抜け方が異なる点について調べてみた。
男性の髪の抜け方はおおよそ、男性ホルモンによるものが多いですね。
あとは、遺伝的なものであったり。
こうした男性の薄毛の場合、髪の毛の抜け方としては
額の両サイドから薄毛になっていく、M字ハゲ。
額から薄毛になっていくU字ハゲ。
頭頂部から毛が抜けていくO字ハゲ。
このように、抜け毛が進行していくタイプはAGAと呼ばれる
男性ホルモンによっておこる薄毛です。

また、それでなくても皮脂の分泌量が多いにもかかわらず、
シャンプーが面倒で適当になってしまいがちです。
頭皮にある無数の毛穴の汚れまで綺麗になっていないことが多いため
フケやかゆみ、炎症が起きるなど頭皮環境が悪くなることで
抜け毛が増える。
さらに、たばこやアルコールも男性の薄毛に関係しています。
タバコは、血流を悪くしますね。
血の流れが悪くなることで頭皮にまで栄養が届きにくくなり、
髪の毛が作れなくなる。ということで
抜けるのに、生えてこない。そんな最悪なサイクルができてしまうんです。
さらに、アルコールの飲みすぎも抜け毛の原因になるんです。
アルコールは肝臓で分解されますね。
肝臓が弱ると、髪を作るたんぱく質の生産も落ちます。
髪の毛はタンパク質でできているので、肝臓が弱って
たんぱく質が作られないというのは、髪が作れないと同じ事。
男性の抜け毛の原因の陰には、アルコールによる肝臓機能の低下もあるでしょう。

女性の抜け毛の原因には、女性ホルモンもあるようです。
男性の場合は、男性ホルモンですが、
女性の場合は、女性ホルモンによって抜け毛が増える。
薄毛の女性って年齢が高い方が目立ちますよね。
高齢になるごとに女性ホルモンの分泌も低下します。
ヘアサイクルも乱れるので、抜けるけど育たない
サイクルになってしまうんです。
だから、年齢の高い女性に薄毛が多いのはそのためです。
女性の抜け毛って、男性のように1か所または2か所から
髪が抜けていくのとは違い、
頭全体の髪の毛が抜けて、髪全体が薄毛になります。
こうした髪全体の抜け毛や薄毛は高齢者に多くみられます。

若い女性の場合は、引っ張りすぎや分け目からくる抜け毛です。
髪の毛をしっかり結ぶ習慣のある女性は
毎日ゴムで髪の毛を引っ張っています。
引っ張られることで髪の毛が抜ける。
さらに、同じ場所でいつも分けていると分け目の頭皮が見えてくる。
少しの隙間の分け目ですが、いつも同じ場所だと
紫外線などによってその場所だけ頭皮がダメージを受けてしまうんです。
頭皮がダメージを受けることで、髪の毛は育ちにくく
抜けやすくなります。
若い女性に起こる抜け毛は、引っ張りすぎと分け目の固定化が言えるでしょう。

男性と女性の抜け毛の違いはM・O・Uからくる抜け毛なのか
髪全体、分け目です。

あとは、男女とも同じようなことが原因です。
頭皮の環境であったり、たばこにお酒。
女性もアルコールを大量に飲む方が増えてきましたからね。

最後に、髪の毛が抜ける量が増えてきたと、気になったら
抜けた髪の毛の毛根を見るのも抜けが対策として必要です。
毛根がプックリ膨らんでいれば、問題のない抜け毛ですが、

毛根がなかったり、ふくらみが薄いと栄養が届いていない証拠。
血行を促進させるマッサージをしたり、たんぱく質の多い食事をする、アルコールを控えるなどしましょう。
また、毛根に白いものが付着していたらそれは、皮脂である可能性があります。
シャンプーは頭皮を洗うように指の腹でしっかり行いましょう。

Leave a Reply

Blog Home