未だに原因不明|円形脱毛症になってしまう原因、その例・・・

Posted by kami - 5月 21st, 2015

昔からストレスで円形脱毛症になると言われていますが、実は未だに分からないことが多く原因不明の場合も少なくないようです。

遺伝的な要素も否定できず、そうなりやすい体質の人がいるということかもしれません。

もし、ストレスを感じることで円形脱毛症になってしまった場合は、その状況から抜け出すことができると症状も改善することがほとんどです。

しかし、原因が分からずに突然頭髪の一部が抜け落ち、つるつるになってしまったら本当に驚きますし、外に出ることもできなくなるかもしれません。

以前同級生の頭に突然10円玉ほどのハゲができてので、みんなで「円形脱毛症だ!」と驚いていたのですが、彼女はあまり気にすることなく普通に生活していました。しかし、数か月後には治るどころか何個もハゲができ帽子をやバンダナで隠さないと生活が出来ないほどになっていました。

円形脱毛症は一つしかできないと勝手に思い込んでいたので、あのまだらになってしまった髪の毛にとても驚き可哀想でした。彼女は自分では普段通りに生活をしていたし変化があったわけではないので、病院で言われてストレスを感じているのでは?という質問に「全く感じていません!」と答えたそうです。

いつも明るく元気な彼女の身に何が起こっていたのかはわかりませんが、私が見たところそれほど大きな悩みやストレスを感じていた気はしませんでしたが、円形脱毛症はしばらく悪化して数年後に治ったようです。円形脱毛症だったなんて誰も分からないほどきれいに髪が生えていたので、一時的なものだったようです。

このようにストレスが原因ではない円形脱毛症も多いようで、適切に治療をしケアを続けることでまた元通りに治る場合が多いそうです。

髪がなくなるのは本当にショックなことですが、恥ずかしがって病院に行くのが遅くなると悪化するかもしれないので注意しましょう!

未だに解明されていないことが多い円形脱毛症ですが、効果的な治療法がたくさんあるので何とかなると思った方が精神的にも楽ではないでしょうか?

Leave a Reply

Blog Home